看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探し

鍵

転職のタイミング

パソコン操作

第二新卒の考え方が生む求人状況の変化

世の中では就職して3年目というのが転職のタイミングとして認識されるようになってきています。社会のことをそれほど良く知らずに就職してしまった人たちにとって、本当に選んだ仕事先が自分にとって適切であったかを判断するには1、2年間勤務してみればよくわかるという考え方からです。 そういった転機があるのは専門職でも同様であり、看護師も3年目で転職を考える人が増えてきています。第二新卒ともいわれるこういった転職志望者が増えることによって、医療機関側も人員の動かし方に苦慮するようになりつつあり、看護師の採用のあり方も多様化する傾向にあります。求人内容が多様化していることに加え、非常勤や派遣の看護師の採用も増えてきています。

エージェントの活用が一般的な第二新卒の転職

看護師が第二新卒として転職を考える場合には、新卒として就職先を探すときとは異なる方法をとる必要が生じます。一般には転職に際しては経験が重視されるようになり、募集枠も別になっているからです。 その求人情報の獲得にはエージェントを活用するのが一般的です。最近ではインターネットサイトの利用が簡便な方法として知られており、転職サイトに会員登録することで仕事の斡旋を受けたり、募集されている求人に応募できるようになったりします。サイトによってはエージェントが積極的に仕事の紹介を行ってくれるシステムがあり、看護師に直接希望を聞いて、その希望に沿った仕事先を紹介してもらうことが可能です。第二新卒と伝えれば経験がそれほど重視されない場所を紹介してもらえる等のメリットも豊富です。

Copyright© 2015 看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探しAll Rights Reserved.