看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探し

鍵

取得の方法

医者と看護師

看護師となって転職する長所と短所

転職の手段として看護師資格を取得するという道を選ぶのは長所と短所があります。その長所は仕事先として選べる選択肢の広さと、仕事としての安定さです。病院やクリニック、老人ホームなどの介護施設といった仕事は、人が生きていく以上は必要となる施設への勤務であるため、職が失われるというリスクが極めて低いのです。 一方、看護師資格の取得には資格試験の受験資格を得るために看護学校に通わなければならないという短所があります。最低でも3年間が必要であり、転職にそれだけの時間がかけられるかというところは考えなければならない点です。もしそれが可能であるならば、看護師への転職は安定した収入を生涯得られる道として有望なものになります。

職種を考えて学校選び

看護師資格を新たに取得して転職する場合には、どういった学校に通うかということをよく考えることが大切です。学校として候補になるのが看護専門学校、短期大学、大学の3種類であり、通わなければならない年数はそれぞれ、3年、3年、4年となります。より短期間で資格を取得したいと考えると専門学校や短期大学を選ぶことになりますが、転職の際にしばしば専門学校卒か、短期大学卒か、大学卒かということでふるいがかけられる場合もあります。そのため、希望する職種によっては大学を選んだ方が急がば回れになることも考えられるのです。 特に競争率の高い大病院への勤務を考える場合には大学卒を好む傾向があります。地方の病院やクリニック、介護施設ではそういった傾向は薄いので、自分の望む職種に合わせて学校を選ぶと最終的には効率よく転職ができるでしょう。

Copyright© 2015 看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探しAll Rights Reserved.