看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探し

職種

働きやすい環境

看護師

夜勤専従看護師の採用による労働条件の緩和

看護師の病院勤務における労働条件の緩和が進んでいます。その最も典型的な例として夜勤専従看護師を採用する病院が増えている傾向が強まっています。これによって日勤を主とする看護師の夜勤への負担が軽減され、看護師が健全な生活を送れるようになってきているのです。こういった傾向から、転職をすることによって労働条件のよりよい病院へ移る人も増えてきています。 ただし、気をつけなければならないのは転職の際に日勤のみとなっている場合でも夜遅くなってしまうことはあるということです。夜勤専従看護師への引き継ぎが必要な際に、引き継ぐ相手のシフトによっては残業が必要になったりする場合もあるのです。そういった実情は病院ごとに違うので情報収集が大切になります。ネット上にはナース人材バンクというサイトが存在しています。看護師の求人が多く載っているので、上手く利用しましょう。

非常勤がより確実な選択

夜勤をしないで済むような病院に転職したいと考える場合には日勤のみの募集となっている病院を受けるのが良い方法です。ただし、残業については募集時点において原則としてなしと掲げられている場合においても必要に応じてサービス残業をしなければならなくなる場合もあります。そういった懸念がある場合には、常勤勤務を諦めて転職するのもよい手段だと知っておくと良いでしょう。 非常勤勤務で働くことを選ぶと、原則としてシフトが入っている時間以外には拘束を受けることがありません。そのため、サービス残業もしないことが前提となって全体のスケジュールが組まれるようになるのです。日勤のみで非常勤勤務という選択肢をとれば夜勤や残業の懸念をなくすことができるのです。

取得の方法

医者と看護師

看護師資格を取得していることで、職の道が開けるでしょう。方法としては、専門学校や短期大学、それから4年生大学が挙げられます。いずれかであれば資格は取得できるので、自分に合った方法を選びましょう。

詳しく読む

必要とされる職業

病院

需要の高さが伺える看護師ですが、働き口の多さも魅力的です。医療だけでなく看護の世界でも必要とされているので、資格を持っているなら就職先に困ることはないでしょう。

詳しく読む

転職のタイミング

パソコン操作

就職したものの、やはり他の仕事がしたいと思う人は多いでしょう。また、仕事内容に不満はないけど場所を変えたいという人も少なくなくありません。これは看護師を始めとする医療機関にも多い事です。

詳しく読む

Copyright© 2015 看護師御用達|ナース人材バンクで条件に合った求人探しAll Rights Reserved.